X-body 好奇心で人生を楽しむ!

肉体改造・ロードバイク・クルマのライフログ

車がある日常風景!一瞬で心奪われるストーリーを感じた光景

time 2015/06/05

車がある日常風景!一瞬で心奪われるストーリーを感じた光景

ストーリーを感じる。

小説やマンガなどの創作物はもちろんのこと、嗜好品にも「背後に隠れたストーリー」が求められます。

理論整然に語られてしまうと萎えてしまう裏の事情・・・。
それとなく匂わせる、さりげない演出が製作者の腕の見せどころ。
想像力が掻き立てられる製品ほど、ワクワクするモノはありません。

例えばこんな例はどうか・・・
ここにブライドルレザーのカバンが2つあるとする。

  • 某有名ブランドのカバン
    (ブランドロゴが誇らしくギラついている)
  • 無名のカバン
    (ブランドロゴは無いが、堅牢な作りで職人の手仕事と分かる品)

一つ目は有名ブランド品。
二つ目は無名の品。

2つとも同等の価格であれば、10人中9人は前者のブランドバックを購入するでしょう。
しかし、背後にストーリーがあったらどうだろう?

・某有名ブランドのカバン
中国工場で大量生産された製品。
ブランド品ではあるけれど、品質が価格に見合っていない。

・無名のカバン
有名馬具メーカーに30年勤めて退職したMr.ブラウン氏の手作りカバン。
余生の楽しみとして、人の生活に役立つ革製品をこつこつ作るブラウン氏。
自宅を改造した工房で、10時間の手作業の末生み出されたカバンは無骨ながら堅牢な作り。
手仕事独特の温かみを感じられる一品。

「同じ20万円なら、Mr.ブラウン氏のカバンを買うぜ!!」

背後にちょっとしたストーリがあるだけで、後者を選ぶ人が増えそうです(笑)

(; ゚∀゚).。oO(Rockmanが適当に考えたストーリーだけど、ブランドバックは知名度だけで売れている製品が多いよね・・・。グッ◯とエ◯メスは輸入段階でボロボロと言う話を聞いたことがあるしwww 下のカバン修理屋さんの激白は面白いよ)

参考:カバンの修理屋さんが激白「ブランド物=いい物を使ってるは間違いです」「エルメスはインチキ、グッチは出来悪すぎ」

えっと、何の話だったっけ??www

そうそう!
ストーリーだよ(笑)

話が脱線したけれど、オレは日用品や消耗品以外のモノには「ストーリー性」が重要だと思うのです。
更に、それは人間も同様。
ストーリー性を感じる人には、例え一瞬の出会いであっても鮮烈な印象を相手に与えることが出来ます!

今回のブログでは、一瞬の出会いだけどRockmanの脳ミソに焼き付いている日常風景のひとコマ。
背後にどんなストーリがあるのだろうと、未だに想像力を掻き立てられるクルマに関する思い出をネタにしてみたいと思います。

sponsored link

どんな人生なんですか!?すれ違っただけで気になった人々

背景に何があるか気になる人々

事例1. ベンツ190SLのおじいちゃん

最も印象に残っているクルマの思い出。
十数年前の出来事だけど、未だに鮮明に覚えています。

対向車線に赤信号で止まっていた、一台のメルセデス・ベンツ190SL
美しく輝くホワイトカラーのボディから、レストア仕立てのクルマに見える。

普通だったら・・・
「ふ~ん・・・」と余り気にも止めないけれど、乗っている人が凄かったwww

  • 70過ぎのおじいちゃん
  • 白髪
  • 赤のベレー帽
  • 仕立ての良さそうなジャケットを着ている

何じゃ!?
このクソカッコイイ爺様はwww

(; ゚д゚)ポカーン

Rockmanがアホ口開いて、見惚れたのは言うまでもありません。
追いかけて行ってお話しをしたかったけれど、待ち合わせの時間に間に合わなくなりそうだったので、泣く泣く断念。

今でも、その爺さんと話が出来なかったことが、少々心残りです・・・。

(; ゚∀゚).。oO(爺さんと190SLの間にある深いストーリーを期待してしまうwww)

事例2. 和服姿でMTロードスターを操るご夫人

初代NA6型ロードスターは、珍しくもないクルマ。
発売から四半世紀経っていますが、未だ現役で走っている個体が多く存在します。

でも、ブリティッシュ・レーシング・グリーンに塗られたそのロードスターは、一味違っていた!

乗っているのは、40過ぎのご夫人。
しかも、和服姿で明らかにMT(マニュアル・トランスミッション)のクルマ(笑)

クワァァアァァ~ンッ

チタンマフラーっぽい乾いた音を響かせ、走り去って行きました(笑)

images

あれは一体なんだったのか!?
もしかしたら、妖精の類ではないのか??

着物姿のご夫人は、どんなシチュエーションで改造されたロードスターを駆っていたのか・・・。
妄想が膨らみますwwwww

(; ゚∀゚).。oO(今は亡き旦那の形見であるロードスター。緊急事態に対処するため、急遽現場に行かなければならない。運転するのは、はばかられるけど迷っている暇はないわ!行くわよッ!!な~んてマンガっぽい妄想をすると捗るよねwww)

乗っているとストーリーを感じそうな初代ムルティプラ

fiat-multipla-600-abarth-01

古い車だと、オーナーとの深いストーリを期待してしまいます。
でも、古ければ良いというワケではない!
ちょっと変テコなクルマだと、なお気になりますwww

Rockmanが今一番気になっている旧車が、初代フィアット ムルティプラ。
参考:スチームパンカーに乗って欲しいクルマ5選!欧米編

軽自動車とほぼ同じサイズなのに、3列シートで6人乗りのRR車(笑)
フィアット 600を魔改造して、バンタイプにしてしまった面白いクルマです。

実は、このクルマがエンスーの杜で売りに出ているのさwww
しかも、車両はオレが住んでいる県内にあるという絶妙さ。
気になってしょうがないけど、311万円は高いよなぁ~。
参考;エンスーの杜 フィアット・ムルティプラ

(; ゚∀゚).。oO(311万円の値付は「3.11震災」にちなんだものかな?ノリで決めたような高い札(フダ)が気になるけれど、爺さんか婆さんの形見という設定で乗ってみたい気はするwww)

まとめ

By: Ricky Norris

何だか、わけわからんエントリーになってしまいましたな(笑)
背後にストーリーなんて無くても、勝手にストーリーを妄想させてしまう品物はとても楽しい。

無味無臭な量産品に囲まれた生活をしているから、そんな品物を熱望してしまうのかも知れません。

ちょっとひと味違うモノ。
ちょっと変テコなモノ・・・。

そんな品物が愛しくて仕方がない。
ジャンク屋・古道具屋、そしてクラフトマンの作品を売るお店巡りをしたいと常々思っているRockmanでした。

(; ゚∀゚).。oO(Rockmanもストーリーを感じられそうな英国風のジジイになりたいw)

sponsored link

down

コメントする




Profile

Rockman

Rockman

90kgのメタボ野郎から肉体改造で-30kgの減量に成功したアラサー細マッチョ。
乗り物とスチームパンク好きな筋肉マニア。

・詳しくはコチラ
・プライバシーポリシー

Twitter