X-body 好奇心で人生を楽しむ!

肉体改造・ロードバイク・クルマのライフログ

プロテインの選び方!体質・安心・手に入りやすいを重視せよ

time 2015/02/04

プロテインの選び方!体質・安心・手に入りやすいを重視せよ

「肉体改造」「ダイエット」共に重要なのが、カロリーコントロールと運動。
しかし、目的によってその方向性は180度異なります。

「身体をプロのビルダーマッチョのように大きくしたい!」
この場合、高タンパク食品を大量に食らう必要があります。

一日6回の飯(筋肉のエサ)と高強度の筋トレ。
そして、超回復に合わせて、筋肥大を目的とした「休養」を取ることが不可欠。

20121026-1
「筋トレだけでは大きくなれない。大きくなりたければ、食べなくてはいけない!」

この言葉はボディー・ビルで飯を食っている、ビッグ・ヒデこと山岸秀匡 氏の言葉。
筋トレマニアなら知らん人はいないビッグなお方です(笑)

(; ゚∀゚).。oO(久々に見たけど、ビッグヒデの筋肉スゲェwww)

一方、体重を減らすことを目的としたダイエットであれば、「低カロリーの食事」と「有酸素運動」が必要になります。

「筋肉を大きく育てる」 or 「体重を減らす」
どちらか一方を目的とするのであれば、戦略は比較的簡単。
だって、栄養を「取る」か「減らす」か・・・
「無酸素運動」をするか「有酸素運動」をするか、それぞれ相反するモノを選ぶ必要があるから。

では、「デブが細マッチョになるためには、どうしたらいい?」
と問われると、これは結構難しい(笑)

細マッチョと呼ばれる人の特徴は・・・

・体脂肪率10%以下の引き締まった身体
・程よい筋肉量

デブは、その重い体重を全身で支えるために筋肉量はそこそこあります。
筋肉量はそのままに、身体にこびり付いた脂肪を無くせばいいのだけれど、ダイエットをすると必ず筋肉も落ちてしまう・・・

筋肉を維持し続ける為にはタンパク質が必要になります。
タンパク質は、「肉・魚・卵・大豆」から摂取することができるけど、食材によっては多くの脂質が含まれる。

高タンパク食品をとりたいけど、脂肪は高カロリーでダイエットの敵!
この矛盾する問題を解決するキーワードが、ウェイトダウン用のプロテイン

今回は、デブが細マッチョになるために必要になるプロテインについて、オレの体験を基に考察していきたいと思います。

sponsored link

肉体改造とダイエットに欠かせないプロテイン!

ダイエット食で足りない栄養をプロテインで補う!

体重が90kgを越え、あと10kgで大台突破の危機に直面した、昔のオレ(笑)

「ハラが減ったらカレー飯(笑)」

ではなく・・・

「ハラが減ったらランニング!だが、飯は食わねぇwww」
という、狂気のダイエット方法により、一月で7kg減達成。

だが、絶食状態で運動し続けたことにより、オレは倒れました。
ついでに、ランニングによる負荷で脚を痛めてしまい、走ることが出来なくなりました(泣)

オレの失敗談は、ちょっと極端な例。
絶食しないまでも、減量を目的としたダイエット食は通常の食事よりも低カロリーなモノをチョイスします。

その結果引き起こされるのが、圧倒的「タンパク質不足」。
このタンパク質不足を補うのが、いわゆるサプリメントの「プロテイン」であります。

p20150204161120

SAVASプロテインとは

上の図を見ても貰えば分かりますが、サプリメントとして販売されている「プロテイン」は、100gに含まれるタンパク質の割合が他の食材と比べて圧倒的に多い。
低カロリーのダイエット食を食べながら、プロテインの摂取で筋肉量を維持!
効率的に肉体改造ダイエットを成功させたいのなら、プロテインは必須と言えます。

プロテインの種類

201402_0762

SAVASプロテインとは

市販されている一般的なプロテインは、上記の3つに大別することができます。

「筋肥大」や「ダイエット」などの目的にあわせてプロテインの種類を選ぶケースが多く、オレの場合は大豆プロテインを主に摂取していました。

(´-`).。oO(吸収・消化性と飲みやすさから、現在の主流はホエイプロテインだけどね)

アレルギーの有りなしで選ぶ!

プロテインを選ぶ際に重要となるのが、自分のアレルギー症状。
プロテインに対するアレルギー反応は、原料となっている物質のアレルギー反応と思っていいでしょう。

◇アレルギーの例◇

ホエイプロテイン:牛乳アレルギー
大豆プロテイン:大豆アレルギー

プロテインを購入する際は必ず「原材料名」を確認しましょう!
自分の体質に合ったプロテインを選べば、アレルギーの問題は顕在化しにくいと言えるでしょう。

手に入れるのが簡単なのは、安心と信頼の証(あかし)

「プロテイン 選び方」で検索すると、様々な商品が出てきます。
デブとマッチョの国、アメリカから海外通販で手に入れている猛者。
中国製の激安品に手を出すチャレンジャーなど様々な人がいます。
でも、オレは基本的に小心者(笑)

「馴染みのない海外メーカーのよく分からん商品は使いたくない!」

「自分の体内に入れるモノだから、単純な価格を重視するよりも信用(安心感)がある日本の製品を使いたい!!」

アレルギーの問題がなかったので、オレが重視したのが「入手が簡単」なこと。
どこでも手に入る気軽さが欲しかったと言うことです。

そこで選んだのが、meiji(明治)のZAVAS(ザバス)
この製品は評判が良く、近所のドラッグストアやAmazonなどで簡単に手に入る優れた商品です。

ザバス・ウェイトダウンのレビュー

zavas-wd201502032227

ZAVAS(ザバス)のプロテインには様々な種類があり、初めての人には選びにくいでしょう。
ちなみに、オレが愛用していたのがウェイトダウン用のプロテイン
原材料は大豆でガルシニア配合。
空腹感が抑制され、脂肪燃焼に効果があると言われています。

味の個人的感想を述べると・・・

水で飲む場合は、お世辞にも美味しいとは言えない味(笑)
例えるなら、「ヨーグルトと豆乳を水で何倍も薄めた感じ・・・」

一方、カロリー抑えめな低脂肪牛乳に混ぜると、コレはアリ!!
ちょっと大豆っぽさは残るけど、十分美味しく飲めます。

シェイカーに入れて「シャカシャカ」すれば、プロテインがダマにならず全て溶けてくれるので、プロテインの購入と同時にシェイカーもGetすると良いかも知れません。

ザパス・ウェイトダウンの効果は?

「筋トレ」 + 「有酸素運動」を組み合わせた運動。
そして、ザパス「ウェイトダウンプロテイン」を定期的に摂取。

これらによって得られた効果は・・・

  • 体重が減りつつも筋肉量を維持し続ける。
    (トレーニングジムのボディースキャンで測定した結果から判明)
  • 一度減った体重がリバウンドすることなく安定。

これ即ち、脂肪が減りつつ筋肉量が保たれたことの表れ。
太りにくい肉体になったということでしょう。
とは言っても、オレは食事のカロリーコントロールと各種運動を欠かさず行っていました。
ゆえに「全てウェイトダウンプロテインの効果!」
とは言えません。

あくまで、トレーニングを行っている人が得られる効果をアップさせてくれる。
プロテインは「補助的効果があるモノ」と考えるべきでしょう。

「これを飲むだけで体重は減るし筋肉もつく♪」
なんてことはありません(笑)

あくまで、運動は必要です!

まとめ

140H

  • デブが細マッチョを目指す場合は、プロテインを飲むと捗る。
  • プロテインには様々な種類があるので、自分の体質に合った商品を選ぶ。
  • メーカーは入手容易で安心の日本メーカーを選ぶ。
  • プロテインのみでは痩せない!運動やカロリーコントロールに気を配る。

以上の4点が、プロテイン使用に対する自分の結論です。

デブが細マッチョになるのは容易ではありません。
しかし、「運動」や「カロリーコントロール」に合わせて、プロテインを利用すれば効果的が表れるのも早くなります。
普段から適度な運動をして、地道に一歩づつ進化していくのが細マッチョへの近道!
さぁ、あなたもプロテインを飲んでトレーニングじゃよ!!

sponsored link

コメント

  • 昨日ドラッグストアに行って初めて粉末のプロテイン購入しました。
    クロスバイクに乗るようになってロングライドやヒルクライムするようになってコンビニで見つけたサバスミルク レモン&ライム風味を飲んで見ると
    翌日の疲労度合いが軽く筋肉痛にもなりにくいと体感、でこのブログ見て飲料製品コンビニで購入するより粉末のほうがお得じゃん( ; ゜Д゜)とさっそくウェイトダウン ヨーグルト味を購入しました。
    肉体労働だから自転車で筋肉痛になり仕事出来なかったらまずいですからね
    年齢的に回復力が落ちてる40のおっさんが自転車楽しむために必要不可欠と判断しました。
    出来る事なら1ワット発揮するフェルトマンのような大腿筋とアーネストホーストのようなバランスを支える体幹&腹筋(アブアブアブ)が欲しいw

    by カディエ先生 €2015/11/20 02:01

    • >カディエ先生 様
      素晴らしいです!
      プロテインの優れた特性に気づきましたね♪

      筋肉の疲労(損傷)を早く治すためにはプロテイン(タンパク質)が不可欠です。
      しかしプロテインは栄養補助食品という位置づけ。
      あくまでもメインは食事による摂取が望ましいと言われています。

      大豆食品やササミなどの高タンパク低カロリーな食品。
      これらを他の食材と共にバランス良く摂取することで、体調改善に大きな効果が期待できます。

      食生活を改善していくと自分の身体とは思えないほどに動作が軽くなって行きます♪
      (・∀・)

      by Rockman €2015/11/22 00:12

down

コメントする




Profile

Rockman

Rockman

90kgのメタボ野郎から肉体改造で-30kgの減量に成功したアラサー細マッチョ。
乗り物とスチームパンク好きな筋肉マニア。

・詳しくはコチラ
・プライバシーポリシー

Twitter