X-body 好奇心で人生を楽しむ!

肉体改造・ロードバイク・クルマのライフログ

糞便移植で病気が回復!でも副作用で激太りした驚くべき理由とは

time 2015/02/13

糞便移植で病気が回復!でも副作用で激太りした驚くべき理由とは

今回のネタは「うんこ」なので、お食事中の方はとばしてね(笑)



ところで、「糞便移植」って知ってます?
簡単に説明すると・・・

「腸内細菌が原因で病気にかかっている人の腸に、健康な他人の糞便を移植する医療行為のこと。
腸内環境を改善させ、症状を完治させるという斬新な先端医療。」

この治療方法は、2013年にオランダのグループが「糞便移植」の論文を発表したことで話題になりました。

2013 New England Journal of Medicine.
[Duodenal Infusion of Donor Feces for Recurrent Clostridium difficile]

2013年当時、ネタとして話題になったので知っている方も多いのでは?

ちなみに、この斬新(笑)とも言える治療の結果、被験者となった患者さんは
「クロストリジウム・ディフィシル腸炎」
の症状を完治したとか。

おお!すげぇーwww
(;´-`).。oO(症状が治るのは喜ばしいが、他人のうんこを体内に入れるのは、ちょっと複雑だよね。)

腸関係の病状で悩んでいる方には、朗報の治療法。
ところがドッコイ!
良いことばかりでもないみたい・・・。
「うんこ」提供者の体質によっては、嫌な副作用があるみたいよ(笑)

sponsored link

糞便提供者の体質が移る!?

悲報!糞便移植で体重が16kg増えた

By: Tripp

イギリスの専門家によると、
大腸炎を患っていた32歳女性が糞便移植手術を受けたところ、体重が一気に16kgも増加して肥満になってしまったそうだ。
女性はもともと肥満体型ではなかったらしいが、糞便の提供者である自分の娘は太り気味で肥満体だったという。

イギリス BBC News
Woman’s stool transplant leads to ‘tremendous weight gain’

「まさに、人体の不思議展やぁ~(笑)」
(彦麻呂風にw)

この結果を受け、マウスを使った動物実験で「痩せたマウス」に「肥満マウス」由来の糞便を注入する実験を行ったそうな。
結果は、「痩せたマウス」の体重が増加!

上記32歳の女性に「糞便移植」を行った、コーレン・ケリー医師。
以来、糞便提供者選びに慎重になり、肥満体の人はお断りしているらしい・・・。

自分の娘とはいえ、嫌なとばっちりを受けている32歳女性。
1年経った現在でも、肥満は解消していないらしい・・・。
(涙拭けよ・・・。)

fc2blog_2014082022044246e

まとめ

1578514678_b67d54e8ae

現在の西洋医学では、抗生物質の投与による治療が主流。
「人」由来の腸内細菌により、体内環境が改善するのなら副作用がなく大変嬉しい。

しかし、「うんこ」の提供者が肥満だった場合、移植者まで肥満になるのは・・・
悲劇か?喜劇か??(;^ω^)

何にしても、人体は不思議がいっぱい!
Rockman、この「糞便移植」という医療行為に俄然と興味が湧いてきました。
また何か新しい論文が発表されたら、ブログで紹介したいと思います。

sponsored link

コメント

  • 人体での話は初めて知りました( ; ゜Д゜)
    でも動物ではウサギやパンダは体調不良になると他の個体の糞を食べて体調を改善するというのを
    週刊少年サンデーで連載していた
    WILD LIFE 藤崎聖人 作 の獣医の漫画で紹介されてましたよ(-.-)y-~
    心暖まる良い漫画なのでわたしのお勧めです。

    by カディエ先生 €2015/11/10 17:11

    • >カディエ先生 様
      他人の腸内細菌を貰うために公衆トイレをハシゴする医師の話は知っていましたが、人のウ◯コを体内に入れるのは御免被りたいものです(笑)
      「WILD LIFE 」は読んだことがないので、今度チェックしてみます!

      by Rockman €2015/11/12 14:11

down

コメントする




Profile

Rockman

Rockman

90kgのメタボ野郎から肉体改造で-30kgの減量に成功したアラサー細マッチョ。
乗り物とスチームパンク好きな筋肉マニア。

・詳しくはコチラ
・プライバシーポリシー

Twitter