【自転車乗りの屈辱】ワイ、体が重すぎて坂で足をついてしまった模様www

ロードバイク

屈辱でござるwww

坂で足をつくのは屈辱でござるwww

(;`皿´)ムキー!!!

ロードバイクを嗜むものとして、ヒルクライムの途中で足をついたら切腹でごわす!みたいな強迫観念ってありませんか?恥ずかしながら、Rockmanにはあります(笑)

これは、まったくもって意味のない縛りプレイ。

小学生が下校時にやってしまう「白線以外を歩いたら死ぬ」とか「縁石から落ちたら死ぬ」、「影以外は歩けない」などと同様のアホさ加減でございますな。

はっきり言って、他人から見たら坂で足をつこうがつくまいがどーでもいいことでしょう。

しかし、自分の中で納得がいかない!坂では絶対に足をつきたくない!!そうじゃありませんかッ?坂ばかの兄貴たちw??

男児たるもの、己との戦いに勝ってなんぼ。限界突破・天元突破してこそ人生に潤いがでるというものです。(何を言っているのか意味わからんけどw)

というわけで、今回のブログは無念の足つきをしてしまったワタクシRockmanの思いの丈をぶちまけてみるエントリー。

敗北感で満タンのMy ハートを文章で奮い立たせてみたいと思います。

(; ゚∀゚).。oO(坂で足をつくとテンション下がるわぁ…)

スポンサーリンク

自己満足できない!坂で足をつくと感じる屈辱の正体

自分との戦いに負けるということは、自己満を糧(かて)に生きるおじさんにとって耐えがたい屈辱でございます(笑)

それが、以前のぼれた坂だったらなおさらにね!

できたことができなくなる。体の衰えをまざまざと見せつけられる。

この現実、直視したくありません

「のぼれた俺」と「のぼれない俺」が二重に存在する量子の世界であれば、まだ結果はわからないゼ!と言い張れます。しかし、坂で足をついてしまったこのα世界線は変えようがありません。

ということで、己のくそプライドを回復させるためにはどうすればいいか?

そりゃ、体を鍛えて坂にリベンジするしかありませんゼwww 旦那www

坂がのぼれなかった言い訳

ちょっとここで言い訳をさせてくだせぇ〜。

別に怠惰な生活をしたせいで体力が低下したり、体重がヘビーになったわけではございません。

昨年と一昨年は呪われてんのか?と思うほどに体の調子が悪かったのです。具体的にいうとこんな感じ…。

  • 100日止まらない原因不明の咳
  • 呼吸器系の炎症で突然血を吐く
  • 肛門さまが激おこぷんぷん丸www
    (いぼ痔と切れ痔のダブル)
  • 急性虫垂炎発症
  • 急性腰痛症でひと夏寝込む

次々と病におかされるんだから、草も生えません。

この体調不良の結果どうなったかというと…

  • 体重の爆増
  • 筋肉量の減少
  • 心肺機能の低下

この3つが顕著。特に体重がやばいです。

2016年頃は57kg〜60kg前半で安定推移していた体重が、なんと71kgを突破してしまいましたwww(過去最大のリバウンド)

Rockmanの身長は174cm。ゆえにBMIの数値は23.45で「標準」にギリギリ収まるものの、体重70kgをこえるとヒルクライムなんて楽しめたもんじゃありません。

筋肉がなくなって心肺機能が低下して、おまけに体重が爆増している。三重苦でっせwww

これはあかん!

ゾンビ走法をする余裕がなかった坂


/ 速度もケイデンスも「0」にw \

体調不良で2年ほどまともにヒルクライムをやっていなかったのですが、今年PAXさんで換装してもらったR8050のおかげで御霊櫃レベルの峠道なら、なんとかのぼれます。

しかし、一部ポイントで急激にきつくなる坂は無理!ゾンビ走法を行う余裕すらなくなるのですからwww

ちなみに、Rockmanがどこの坂で足をついたのかというと、藤沼湖(藤沼ダム)という須賀川市にあるかんがい用のダム。東側から入ってダムにたどり着く最後のポイントで力つきました。

このポイントがどの程度の斜度なのかはよく分かりません。ただ、ここは車で行くとかなりの急勾配だということがわかります。2,400ccのNAエンジンがうなり声をあげて、なかなか進まんのですから(笑)

まぁそんな感じでなので、思考力をゼロにしてバランスを保つことのみに集中するゾンビ走法では耐え忍ぶことができないのです。足つき御免で切腹でござる。

無念!!

(; ゚∀゚).。oO(東日本大震災でここのダムが決壊する前はよく来ていたんだけど、2017年に復活して今回はじめて行ってみたんじゃ!そうしたらのぼれなくなってもうた…めっさ悔しい!)

 

非力な己の体を認めよう

残念ですが、自分の身体スペックが相当に低下してしまったという現状認識をもたなければなりません。坂に負けたという現実を受け入れます。

しかしだ!負けっぱなしは面白くない。

一度坂に負けても、再びリベンジして勝てばいいのです。坂は常に待っていてくれるのですからw

小学生レベルのおバカルールだったとしても、己に課した掟を守りぬく快感は自己満につながります。

自己満のために鍛えて、クリアーしたらさらなる自己満を求めて坂にのぼる。このスパイラル、たまりまへん。テンション上がります♪

ということで、三重苦を解消するにはどうするか?

  • 食事制限で64kgまで減らす
    (身長マイナス110の値)
  • 筋トレでマッスルお肉を育てる
  • 日々の夜ランで心肺機能を鍛える

これを3ヶ月続ければ、余裕であの坂も征服できるでしょう。待っとれよ、坂!

まとめ

また腰が逝ったらどうしよう…とか、咳が止まらなかったら嫌だなぁ…なんてガクブルしながら今シーズンも様子見をしていました。

とりあえず、今のところ調子は悪くありません。むしろ良い感じ♪坂以外はw

日々の用足しも、できるだけ車を使わないで1万円号(ミニベロくん)で済ませるようにしています。脂肪○ねよ!とか思いながらw

あとは食事さえ気をつければ、体重の件はなんとかなるでしょう。

というわけで、目下の目標は体の軽量化!

Testosteroneさんの本を再び読み返してPFCバランスの良い食事を心がけているRockmanでした。

( ゚∀゚).。oO(大好きなサイゼリヤ飯も体重が減るまでサラダで我慢じゃ…)

スポンサーリンク
ロードバイク
スポンサーリンク
Rockmanをフォローする
スポンサーリンク
X-body

コメント

  1. VAN より:

    その時の体調と気分で登れない時と登れる時ありますよ。
    ここはリア34Tを導入して直結とかどうですか?

    • Rockman Rockman より:

      >VAN様
      確かにその時のコンディションで結果は大きく変わりますね。
      リア34Tですかw!? 脚クルクル祭りで進まない地獄きたーwww\(^o^)/