ロード乗り男子のすね毛処理はパナソニックのボディートリマーが最高だ!

ロードバイク

肌を露出する機会が多いこの季節。

ロードバイクを嗜む趣味人として、ライドの前に行うすね毛の処理は欠かすことのできない儀式でございます。

とは言え、ムダ毛のセルフケアはとても手間のかかる行為。はっきりいって超めんどくさい!

残念ながら、お金をかけずにツルツルお肌になれる都合のいいメソッドは存在しません。

当ブログ管理人のRockmanは、「カミソリ→毛抜き→除毛クリーム→脱毛テープ」という流れを経て、ここ数年はパナソニックの全身シェーバー(サラシェ)で落ちついていました。

男のすね毛処理!ロードバイク乗りがパナソニックの除毛器を試した件
すね毛剃り! 初心者ロード乗りにとって、ノーパンで穿くレーパンと同様に、心理的抵抗を感じる二大巨頭の1つでございますな。 ワタクシRockman、ロードバイクを買って間もないころ地元の自転車ショップですね毛の話題になった際に… ...

 

サラシェの使い勝手は、けっして悪くありません。女性ターゲットの商品ではありますが、男性でも普通に使えます。

しかし、不満がないわけでもない…。

その最たるものが、男の毛深さに対応しきれていない点。もっさり生えた長いすね毛をサラシェのトリマーで刈ると、すぐに毛がつまって切れ味が悪くなるのです。(頻繁につまった毛をかき出す作業が必要)

というわけで、この毛づまり問題を解決すべく新たに導入したアイテムが、サラシェと同じパナソニックから出ている男性用ムダ毛処理器。

ER-GK60 ボディートリマー

結論からいいますと、こいつは過去に使ったことのあるどの除毛アイテムよりも素晴らしい使い心地でした。

スネをひと撫でするだけで簡単にモジャ毛をデストロイ♪しかも毛づまりしにくく、デリケートゾーン(VIOゾーン)まで安全に処理できるという優れものです。

実はこのボディートリマー、己のルックス改善に心血をそそぐナンパ師界隈(恋愛工学生)にとても人気があります。彼らになぜ高評価なのかは、実際に使ってみれば理解できるでしょう。

さあ、あなたもカミソリはゴミ箱に捨てて、すね毛ボーボーの脚をボディートリマーでキレイにしてみませんか?

肌を傷つけず、時短にも貢献してくれるこいつを導入しない手はありませんゼ!

( ゚∀゚).。oO(ひざ下なら5分くらいで両脚の毛を処理できるよ♪無論、ドライの状態でキレイに剃れるぞい)

スポンサーリンク

男性用ムダ毛処理器の決定版!VIOの剛毛にも対応するボディートリマー

脱毛にしろ除毛にしろ、ムダ毛処理の影響による肌トラブルは、かなりの確率でおこるのが普通。

肌荒れやくすみ、色素沈着。そして、埋没毛など思い出したくもない症状が頭をよぎります。(全て経験済み)

毛の処理は、医療レーザーによる脱毛が体にとって最善。しかし、クリニックの脱毛はとてもお金がかかるのです。

その総額、全身脱毛コースで100万円ほどwww

そんなお金があったら、Rockmanはドグマ F10でも買いますわ。

(゚Д゚)クワッ

個人的にムダ毛の処理に使ってもいいと思える金額は、せいぜい1万円ていど。

この限られた予算の中で肌のダメージを最小限におさえつつ、そこそこキレイに毛を処理できるアイテムはないか?

はい!ボディートリマーしかございませんw

残念ながらカミソリのような深剃りはできないものの、こいつは最短で0.1mmまで剃れる能力を有しています。しかも、お尻の曲面や肛門周辺、タマタマなど普通手を出しにくい部分もしっかり整えることができちゃう♪

もう最高ですわ。ボディートリマー♪

すね毛剃り実演

ボディートリマーについて最初にあれこれ説明するよりも、実際に使っている様子を見てもらった方が話は早いでしょう。

ということで、Rockmanのきったねぇすね毛をお見せするのは大変心苦しいのですが、我慢して見てくだされ(笑)

( ゚∀゚).。oO(髭剃り用のシェーバータイプとは異なるI字シェイプのおかげで、体のデコボコ部分も剃りやすいんだなぁ〜♪)

ボディートリマーの特徴

  • 本体
  • アタッチメント3種
  • 充電器
  • 専用オイル
  • 掃除用ブラシ
  • ポーチ

ER-GK60 ボディートリマーのセット内容はこの通り。仕上がり長さ2mmの肌ガードアタッチメントはすでに本体に装着された状態で入っています。

実際に3ヶ月ほど使用してみた感想は素晴らしいのひと言。気になる点は、充電に関するポイントのみでございます。

【良い点】

  • 肌にやさしい
  • 毛づまりしにくい
  • 曲面でも剃りやすい

【気になる点】

  • 充電時間が長い(8時間)
  • 充電が終わったことがわからない

肌にやさしい刃の構造

ボディートリマーの特質すべき点は、「刃で毛をカットする除毛器」なのに肌にやさしい部分でしょうか。

購入してから肌トラブルの経験は一度もありません。そう!一度もね!!(重要なので2回言うw)

その秘密は刃の構造にあります。

 

先端がとがっていないラウンド形状の固定刃。この特殊な刃が肌にソフトタッチしつつ毛を捉え、内刃でカットしているのです。

この構造だとカミソリのように角質層を削ることはありません。実に巧みな設計ですな♪

 

ちなみに、グルーミングした後のお肌はカミソリで剃った時のようなスベスベ状態ではありません。

例えるなら、カミソリを使用してから1日〜2日経った後の若干ジョリジョリした肌といえばわかりますかね(笑)



個人的にはちょっとジョリジョリしていても気にはなりませんが、この点が嫌な方はサラシェのようなシェーバータイプの除毛器を併用してキレイに仕上げるといいでしょう。

毛づまりしにくい

サラシェを使っていて、一番悩ましかった毛づまり問題。

ちょっと分かりにくいのですが、サラシェのトリマー部分の刃は「かぎ爪」っぽくなっています。ここにどんどん毛がつまってしまい切れ味を悪くしてしまうんですな。

一方のボディートリマーは、サラシェよりも全然毛がつまりません。片脚くらいなら、メンテナンスせずに一気に処理できてしまいます。

その理由は、ひかくてき滑らかな刃の形状。そして、毛がたまりやすい部分がないことが影響しているのでしょう。

お尻やVIOゾーンも難なく剃れる

ボディートリマーはエッジを立てて剃ることができます。

図のように三角形の先端がうまい具合にお尻の丸みに沿ってくれるので、かなりキレイにケツの毛を剃れるんですな(笑)

もちろん、デリケートなVIOゾーンもがっつりいけます。実際に試したらジャングルだったお股の周りがキレイに開墾されましたよwww

ちなみに、陰部や脚のつけ根、肛門周囲を剃る場合は必ず肌ガードアタッチメントをつけてくださいね。

タマタマの柔らかい皮に刃が挟まってしまったら大変なことになりますからwww

気になる点は充電関連

毛を処理する機能としては、ほぼ満点をあげたいボディートリマー。しかし、ちょっとだけ気になる点もあります。それが充電関係のポイント。

まず、ニッケル水素電池を使用していることで充電時間が非常に長いです。

電欠からフルチャージまで8時間。状況によっては16時間もかかる時があるようです!

こんなに充電時間がかかってしまうと、毛を処理している途中で電池が切れた場合はちょっと困ってしまいますね(汗)

あと、ER-GK60というRockmanが愛用しているモデルは、フル充電が終わっても自動でランプが停止しません。コンセントを抜かない限り、ずーと充電状態と変わらないランプが点灯しています。

まぁ…ここら辺はコストを抑えるために致し方なかったポイントなのでしょう。充電はスマホのタイマーで管理すれば良いと割り切れる人向けですね。

実売価格差が5千円ていど高くなりますが、充電が1時間で終了してチャージ状態も確認できる上位機種もあります。予算がある方はこちらを求めてみるのも良いでしょう。

まとめ


↑↑
左右どちら側でも同じように使えて非常に便利の図

パナソニックのボディートリマー。もうこれなしではムダ毛処理ができないというほど、Rockmanはこの機械に依存しきっています(笑)

ムダ毛処理の影響で肌がボロボロになっているあなた!毛の処理で時間が取られてイラついているあなた!!

悪いことは言いません。ボディートリマーを愛用してみてください。6,000円ちょっとの投資でこれだけ楽できる男のムダ毛処理器はありません。

本当に今までやっていたムダ毛処理方法がアホらしくなりますからwww

スポンサーリンク
ロードバイク
スポンサーリンク
Rockmanをフォローする
スポンサーリンク
X-body

コメント

  1. けにちん より:

    お晩です♪
    めっちゃ気になって調べちゃいましたよ♪w

    自分はいつもT字カミソリです。

    週に1〜2回マメに剃るのでサラシェが丁度良いかも… ひげ剃りにも良いみたいだし♪お手頃な値段だし♪

    ツルツル派な自分にピッタリかも♪

    お小遣い貰ったら買って見ようかと思っています♪w

    • Rockman Rockman より:

      >けにちん 様
      お晩でございます♪

      マメに剃るならサラシェがコスパ良さそうですね。
      充電切れになるとチャージに時間がかかりますが、その場合はT字との併用でOKです。٩( ‘ω’ )و