トヨタの2AZ-FEエンジンはトラブル多め?そうとも言えるしそうとも言えない件

クルマ

トヨタの2AZ-FEエンジンと聞いて、「あぁ…あれのことね…」とわかる方は、このさき読まなくても大丈夫です。

しかし、「不人気 中古車」とか「中古車 50万円」というキーワードで当ブログに流れてきた方は、ぜひご一読ください。



以前、中古車ネタで書いたことのあるトヨタ車の一部グレードには、ちょっとした問題を抱えている個体があります。(クルマ好きの間では有名なネタ)

それは、オイル食いでございます。

2,400ccの2AZ-FEというエンジンを搭載したブレイドやマークXジオには、注意が必要な個体が存在するのです。

ネットでググれば、この件について多くの情報が得られます。

しかし、中古車需要の多くなる今の時期だからこそ、当ブログでも注意喚起という意味でこの問題について書いておこうと思います。

( ゚∀゚).。oO(15年ほど2AZ-FEのハリアーに乗っているけれど、Rockmanの愛車はトラブルが全くないよ。やはりエンジンの製造場所のちがいでトラブルの比率はかわるんだろうね…)

スポンサーリンク

中国製2AZ-FEは地雷多め!ババ車をさけるためにエンジン番号をチェックせよ

本来であれば、このトラブルはリコールになってもいいような案件です。しかし、本件はサービスキャンペーンにすらなっていません。

そりゃそうだよ…このエンジンの対策を実施したらディーラーさんのピットはパンクしますから。それだけ、このエンジンを搭載した車種が多すぎるのです。(1台あたりの修理時間もそうとうかかりそう)

いちおう、トヨタ側も対応はしているんですよ。保証延長というかたちで…。

登録から5年10万キロだった保障内容が、この問題が発覚してから登録から9年・走行距離無制限という内容に変更されました。

でも、該当のユーザーにお知らせなんてありゃしません。自分で調べないと知り得ない情報です。

主な該当車種

  • エスティマ
  • RAV4
  • ヴァンガード
  • マークXジオ
  • アルファード/ベルファイア
  • ブレイド
  • カムリ
  • エスティマハイブリッド
  • SAI

参考トヨタ リコール情報

トラブルの内容

中低速域から停止直前までブレーキを踏まずに減速するような運転をされますと、吸気管および燃焼室内の負圧が高い状態で保持されるため、エンジンオイルが燃焼室まで吸い上げられてオイル消費量が増えることがあります。
当該現象が発生し修理をご用命の場合、下記の通り無料にて修理対応致します。

トヨタ リコール情報より

上の文章を要約すると、「ブレーキを踏まずにエンジンブレーキで減速するような運転をしていると、エンジンオイルを消費します」ということです。

これは、信号で停止する際によくやる運転方法ですよね。前に車がいなかったり、車間が十分にあるときはブレーキを踏まずにエンブレで速度を落としますもの。

こんな当たり前の使い方でエンジンオイルがなくなってしまうんですから、トラブルをかかえた車を所有している方はたまったもんじゃありません。(;´Д`)

トラブルが発生する確率の高いエンジン番号一覧

エンジン番号の頭文字でオイル食いに該当するか否かを判断します。


オイル食いの確立が高くなるエンジン番号の頭文字は下の通り。

  • C
  • D
  • E
  • F
  • G

エンジンのオイル食い対策済みのエンジン番号(頭文字)がこれ。

  • H
  • I
  • J
  • K

これらアルファベット表記のエンジンはすべて中国製でございます。(中国製のものを否定するとかそういう意味ではない)

なんぎなことに、対策済みのエンジンであってもオイル食いが再発する場合があります。

万全をきすなら、これら番号の中古車には手を出さないという判断があってもいいでしょう。

オイル食いのトラブルが発生しないエンジン番号

  • 1
  • 2
  • 3
  • A
  • B

さきほどのエンジンとは違い、こちらはトラブルが発生しない(しにくい)エンジン番号の頭文字です。

ちなみにこれらはすべて日本国内製造のエンジン。Rckmanの愛車、30ハリアーもこの日本製の2AZ-FEエンジンが搭載されています。

エンジン番号はここを見よ

我が愛車の30ハリアーは対象車種になっていないものの、2AZ-FEの搭載車であります。

2.4lハリアーのエンジンを例に、どこをチェックすればいいか説明します。



エンジンの正面に立って右側(助手席側)から見るとわかりやすいです。

トランスミッションやセルモーターがある場所の近くに刻印があります。


/ 2AZ 『155XXXX』 \

ここです!

ここの数字のいちばん頭をチェックしてください。

( ゚∀゚).。oO(このエンジンの頭文字は『1』だから日本製のエンジンだよ)

2AZ-FE搭載のハリアーに15年乗っている感想

新車登録から15年。13万キロちょっと乗っている我が30ハリアーくんは絶好調です(笑)

定期的にオイルの量をチェックしていますが、レベルゲージの表示部分が減少したためしがありません。

まぁ、年式相応にヘッドカバーから若干のオイルにじみは認められますけどね。

逆にいえば、それ以外に注意すべきポイントは認められないのです。

手厳しい方には「欠陥エンジン」なんて表現をされることもある2AZ-FE。すべてがすべてオイル食いするものでもありません。

中国製造のエンジンでも問題ない個体はあります。もしこのエンジンを搭載した中古車を検討しているなら、定期点検整備記録簿をチェックして、あやしい部分がないか確認することをおすすめします。

( ゚∀゚).。oO(整備記録の残っていない個体のチョイスは博打だよ。その点は気をつけてね)

まとめ

一番ヤバい2AZ-FEエンジン搭載車の購入パターンは、保証のない…もしくは保証が短いオイル食いの車を買ってしまった場合。

保障期間をすぎてしまったものは、エンジンの修理に50万円ではきかない金額がかかってしまいます。これは最悪ですね。

なので、手厚い保証がついたディーラー中古車や日本製造のエンジンが載った車を選ぶことが安心だと思います。

( ゚∀゚).。oO(簡単な車のメンテナンス方法は知っておいた方がいいぞい!)

スポンサーリンク
クルマ
スポンサーリンク
Rockmanをフォローする
スポンサーリンク
X-body

コメント