コンパクトクランクに11-30Tのカセットスプロケットを組み合わせた結果www

ロードバイク

ロードバイクを楽しむ上でクランクセットカセットスプロケットの組み合わせをどうするか?という部分は、ひじょうに重要なポイントとなります。

なぜなら、走る環境によって適切なギア比が違うから。

例えば…

平地で最高速ヒャッハーwww 祭りがしたい場合は、ノーマルクランク(53-39T)に11-25Tのカセットスプロケットを。

貧脚だけど激坂で悶絶したいドMは、コンパクトクランク(50-34T)に11-32Tを。(11-30Tもあり)

平地も山も対応できる柔軟性を欲するなら、セミコンパクトクランク(52-36T)に11-30Tを。

自分が走るコース特性に合わせて気軽にギア比をカスタマイズできるのも、ロードバイクの楽しみのひとつであります。

 

当ブログ管理人のRockmanは、ついこの間まで10速の『11-25T』という準・漢ギアを使っていました。

そして今回、コンポをアルテグラのR8050にのせかえたことで、新たにチョイスしたのが『11-30T』。

 

そう!通称…

乙女ギア(笑)

とも呼ばれる、ロー側がめちゃくちゃ軽いカセットスプロケットでございます。

普通ならこいつにセミコンパクトクランク(52-36T)を合わせるところですが、今回はあえてコンパクトクランク(50-34T)で組んでもらいました。

その結果は案の定…

軽すぎワロタwwwwww

\(^q^)/

ローギアの30Tに入れると、脚がクルクル祭り。漫画のように下半身が残像で見えないのでは?といわんばかりの高ケイデンスでございます!

というわけで今回はググってもなかなか出てこない、コンパクトクランクと11-30Tのカセットスプロケットの組み合わせについて。

現状だと11-28Tを追加しようかな…と思っているRockmanの心の声を、つらつら書いてみたいと思います。

(; ゚∀゚).。oO(11-30Tにコンパクトクランクだとロー側が軽すぎて違和感ありありだぞいw)

スポンサーリンク

コンパクトクランクと11-30Tの組み合わせはクソ軽いぞw

  • クロスレシオ
  • ワイドレシオ

ギア比を考える上で重要となるのが、上の2つ。

クロスレシオは歯数が「11-12-13」のようにお互いが近いもの。ワイドレシオは「11-18-25」のように離れているものをさします。

当然ですが、クロスレシオだと変速時のギアのつながりがひじょうに滑らか。走っていて気持ちいいと感じるのは、断然こちらです♪

一方のワイドレシオは、ママチャリの内装3段式ギアが代表的。軽いギアはすごく軽くて、重いギアは極端なほどに重いというアレです。

実はクロスレシオもワイドレシオも一長一短。クロスでは気持ちよくギアがつながるものの、走り出しが重かったり最高速が出ないというクロスしているが故の欠点があります。(その逆がワイドレシオ)

ところが、昨今のロードバイクは、11速や12速があたりまえ。

  • 11-12-13-14-15-16-17-19-21-23-25(11-25T)
  • 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28(11-28T)
  • 11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30(11-30T)

※黄色がクロスしているギア

幅広いギア構成となっていながら、中・高速域のスプロケットは1枚1枚がクロスしているという、かゆいところに手が届く仕様でございます。(歯数が増えるにつれてワイドレシオになるけど)

では何を基準としてクランクセットやカセットスプロケットを選ぶのか?というと、Rockmanは最高速や低速にどれだけ対応しているかで選択します。

セミコンパクトクランクを選ばなかった理由

※ノーマルとコンパクトの中間であるセミコンパクトクランクは、ミドルコンパクトクランクとも呼ばれている。

セミコンパクトクランク(52-36T)に11-30Tのカセットスプロケットの組み合わせ。最近、はやっていますね。

それもそのはず!

「コンパクトクランク×11-28T」の軽さはそのままに、最高速度をのばせるひじょうに便利なギアだからです。

 

【ギア比の比較】
1112131415171921232528
34T3.092.832.622.432.272.001.791.621.481.361.21
1112131415171921242730
36T3.273.002.772.572.402.121.891.711.501.331.20

ご覧のように、セミコンパクトクランク・インナー「36T」×「11-30T」の組み合わせは、コンパクトクランク「34T」×「11-28T」のロー側3枚とほぼ同じギア比となっています。(似たギア比なら出せる速度は、ほぼ一緒)

そしてさらにセミコンパクトのアウターは、コンパクトよりも歯数が2つ増えたことで最高速度をのばせます。(アウター:50T→52T)

かゆいところに手の届くこの組み合わせは、実に素晴らしいものですな!

でもRockmamは、セミコンパクトクランクを選びませんでした。なぜか?

それは…

52T×11Tほどの速度はいらんから!

スプリントしていると仮定して、ケイデンス120rpmの速度を見ればわかります。

  • 52T×11T:速度 71.4km/h
  • 50T×11T:速度 68.7km/h

71.4キロって…www

ガチ勢ではないRockmanは、68km/hも出せれば全く問題ありません。というか、こんな速度は一瞬しか出せませんよ(笑)

最高速度をのばすよりも、山で軽く脚を回せるコンパクトクランクを選んだ方がメリットがでかい。そう考えたわけです。

11-30Tはトップ3枚の歯数の差が3つ

  • 11-12-13-14-151719212325(10速 11-25T)
  • 11-12-13-14-15171921242730(11速 11-30T)

以前は、コンパクトクランクに11-25Tの10速カセットスプロケットを合わせていたワタクシ。

それが今回のコンポ変更でリアディレイラーがSS(ショートケージ)でも「30T」まで対応しているというのを聞いたら、試してみたくなるのが人情でございます(笑)

で、実際にコンパクトクランクと「11-30T」のワイドなギアを組み合わせたらどうなるかというと、冒頭で書いたようにめちゃくちゃ軽くてワロタ。(^q^)

インナーロー(34T×30T)のギア比は1.13。ケイデンス80rpmで11.4km/h

坂道でク〜ルクル〜♪

脚は回っているのに前に進まんとですwww

まぁ、悪くはないんですよ…。今まで最も軽かった25Tに近い24Tにギアを入れても、あと2つもギアが残っているんですから。

心の余裕を強くたもつことができる。この点は素晴らしいwww

しかしだ!

21Tから先の「24T-27T-30T」のつながりが、極端に軽くなってしまう点が違和感ありありです。

(; ゚∀゚).。oO(歯数の差が「2つ」ていどなら違和感はないのに、「3つ」になると途端に!?!?!?になるよw)

コンパクトクランクなら11-28Tがベストか?

コンパクトクランクで11-30Tはヒルクライムで安心感がある。貧脚にとって、これは間違いありません(笑)

しかし、ロー側の3つのギアのつながり方が極端に軽くなって違和感ありあり。これはちょっと残念です。

ということで、コンパクトクランクをこのまま使い続けようとすると、11-30T以外のチョイスをもさくしたくなります。

  • 11-25T
  • 11-28T←良さげなやつ
  • 11-30T←今はコレ
  • 12-25T
  • 14-28T
  • 11-32T

CS-R8000系のカセットスプロケットを比較した結果、11-28Tの組み合わせが良さげでした。

  • 11-12-13-14-151719212325(10速 11-25T)
  • 11-12-13-14-15171921232528(11速 11-28T)
  • 11-12-13-14-15171921242730(11速 11-30T)

11速の11-28Tは、途中まで10速の11-25Tと同じギア構成。それに「28T」が1枚追加された形です。これは使い勝手が良さそう!

おそらく、25T→28Tのギアチェンジではかなり軽く感じるでしょう。それでも、ヒルクライムで死にそうになっているRockmanにとっては、救世主のように感じられると思います。

まとめ

並レベルの峠だと、コンパクトクランクに11-30Tは軽すぎる(笑)

これが今回の結論でございます。

セミコンパクトクランク(52-36T)に11-30Tのカセットスプロケットは絶妙な組み合わせ。

しかし、コンパクトクランクに11-30Tだと「そこまでいらんかなぁ〜」とRockmanは思ってしまいました。

というわけで、さっそくベストと思われる11-28Tを買って使用感を比較してみようと思います。

スポンサーリンク
ロードバイク
スポンサーリンク
Rockmanをフォローする
スポンサーリンク
X-body

コメント