【つま先がくそ寒い】気温2℃の冬ライドでも耐えられる防寒の小技

ロードバイク

雪が少ないからロードバイクに乗れる♪

東北の自転車乗りにとって、今期の暖冬はなかなかありがたいものです。

でもちょっと問題もありましてなぁ…

つま先がふぁっきんこーるどwww

路面状態は悪くないのに、つま先が寒すぎてライドするのがしんどい!

当然ですが、冬用のシューズカバーを身につけて足もとはガードしています。しかし、その装備では足らんかった(笑)

ロードバイクの冬ウェア!東北在住のオレが防寒対策を紹介する件
冬のシーズンがはじまり、朝晩はめっきり寒くなってきました。 ロードに乗って朝練するゼ! 気合を入れてお布団から出るものの、あまりの寒さに断念する心の弱いRockmanでございます(笑) ( ˘ω˘;).。oO(トイレに行っ...

 

気温5℃前後ならこのウエアで快適に走れるものの、2℃以下になるとつらくなります(笑)

 

そもそもRockmanの住んでいる郡山市の周辺は、冬になるとロードバイクなんて乗れたもんじゃありません。雪がもっさり積もるし猪苗代からふく強風で走ること自体が困難だから!

真冬は自転車に乗れない」→「氷点下対応のウエアは必要ない

乗れないんだから、極寒仕様の自転車ウエアなんて持っとりゃせんw

そんなわけで寒い時にもっとも影響をうける末端部分…すなわち、つま先のライフゲージがガンガン減る状況になってしまいました。

そこでなんとか金をかけずに対策できんものかと考えた結果、一番効果的だったのがプチプチ(笑)

今回のブログでは簡易的ではあるけれど、かなり防寒対策として効果があるプチプチの小技についてネタを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

つま先をガードして冬を遊べ!プチプチで足をつつむ節約防寒術

SPD-SLシューズ+カバーという装備では、気温2℃以下の環境で貧弱といわざるをえません。本当にたった3℃の差で天と地ほどの差があります。

防寒の基本はレイヤー。重ね着によって空気の層を多数つくることで寒さからガードしてくれます。

しかしながら、体の末端たる手足はその方法が通用しません。なぜなら、手袋やシューズカバーを何枚も重ねると操作性の悪化につながるから。

ちなみに、手は先日書いた防寒テムレスでなんとかなりました。

( ゚∀゚).。oO(Lサイズがでかかったから新たに黒のMサイズを買ってみたよ!)

【防寒テムレスどう?】ロードバイクの冬グローブとして見た良い点と悪い点の感想
今年は暖冬と言われていますが、寒いものは寒い!ロードバイクで遊ぶのも、なかなかしんどい時期になってきました。 冬の自転車遊びは服装がけっこう難しくて、もこもこに厚着すれば良いというものでもありません。 走る場所やお天気の具合など...

 

一方、安価な足もとの防寒アイテムは見つけられませんでした。

そこで、いろいろと試してみて一番効果があったのがプチプチ。梱包資材として使うアレですよアレw

( ゚∀゚).。oO(ホムセンで窓用の断熱材としても売らているよね!)

シューズカバーとプチプチの二重構造で防寒

手元にあるプチプチをシューズの上にのせて、適当にカット!

こんな感じに雑でも全然OK~www


プチプチを固定するテープは塗装に使うマスキングテープがおすすめ。ひかくてき頑丈ですぐにはがせる優れものです。

ちなみに100均でも売っていますが、粘着力に難ありで強度も低め。ここは信頼のタミヤ製マスキンテープを利用しましょう(笑)

( ゚∀゚).。oO(まず、つま先の先端部分を仮止めしてから甲の部分をまこう!)



仕上げはプチプチの上からシューズカバーを履けば完了でござる♪

( ゚∀゚).。oO(家を出た瞬間からあたたかさのレベルが違うことに気づくよ!)

まとめ

気温2℃だと…

ひかげは凍結じゃ!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

とりあえず気温2℃という条件のもと、3パターンのコンディションで走ってみました。

【条件1 晴れで風もおだやか】→とても快適♪

【条件2 くもりで風はおだやか】→若干寒さは感じるが、まぁ余裕で耐えられる。

【条件3 くもりで風速15m/s以上の強風】→死にそうwww

台風並みの強風でなければ、プチプチ+シューズカバーで余裕でした(笑)

寒さでつま先がつらいという自転車乗りの方は、プチプチチューンをぜひお試しください♪

( ゚∀゚).。oO(気温2℃以下だとタイヤのグリップ性能がかなり低くなっているよ!冬ライドはじゅうぶんに気をつけてね)

コメント

  1. すりーえいす より:

    テムレスブラック購入されたのですね。
    低温プラス風だと足(特に爪先)、かじかみますよね。
    私は歩いたり登ったりするので基本、トゥクリップなのですがいつものシューズの足先がメッシュなので夕方、猪苗代湖から帰宅する際に氷点下に風(帰りは下り)で悲惨な目にあいました。
    足の防寒ですが、ダイソーに保温ソール(薄い)やワークマンにルームシューズという磨耗に強い厚めの素材で防寒、保温できるシューズのアウターカバー(クリートの所の底をハサミ等でカット加工)780~1480円で27cmまで対応(シューズのアウターとして使用の場合、伸縮性あり)、amazonで靴の中に使う爪先用のカバー(安全靴の爪先保護カバー)430円何かも足先ピンポイントで保温出来て私も使っています。ミニカイロを靴中ではなくシューズカバーの中、足の甲側に入れてみたりも良いかと思います。靴底用カイロは破れるので使えないです。
    サイクルウェアですが冬場は特に空気抵抗があるので、中に薄い防風ウェアさらに中にヒートテックを着ています。モコモコにならずかつ暖かいです。カイロは汗冷えになるので、中ではなく一番外のウェアのポケットに入れておけば適度に温かくすぐ手等も温めやすいです。
    冬場でも暖冬で意外と積もらない、凍結しないので自転車、楽しんで下さい。

    • Rockman Rockman より:

      >すりーえいす 様
      情報をいただいてすぐにゼビオに行ってテムレスブラックを買ってきました!
      Mサイズだとインナーグローブ装着では少々きついのですが、Lサイズのぶかぶかよりはマシですね♪
      あれなら0℃前後でもなんとかなりそうです。

      つま先の防寒対策実験をいろいろ試してみたくなりました。
      手始めにダイソーの保温ソールを買ってこようと思います。

      いつも情報提供していただき、ありがとうございます♪(^^)