X-body 好奇心で人生を楽しむ

ロードバイクの冬ウェア!東北在住のオレが防寒対策を紹介する件

calendar

reload

ロードバイクの冬ウェア!東北在住のオレが防寒対策を紹介する件

11月に入り、朝晩はめっきり寒くなってきました。

「ロードに乗って朝練するゼ!」

気合を入れてオフトゥン(お布団)から出るものの、あまりの寒さに断念する心の弱いRockmanでございます(笑)

( ˘ω˘;).。oO(トイレに行ってオフトゥンに戻る日々)



ちなみに南東北地方の11月初旬、午前6時ころの気温は2℃(笑)

201511051811

放射冷却現象で真冬並みの寒さですッ!

((´д`)) ブルブル

 

201611092128

これから冬本番。
寒さは厳しさを増すものの、路面さえ凍結していなければロードバイクに乗れます。

とは言え、防寒対策にはちょっと気をつけたいもの。

特にロードバイク初心者はインナーウェアの着方がよく分かっていないため、ユニクロのヒートテックを着てしまう方がとても多い。

これ・・・
下手したら翌日はカゼで寝込むことになります。

というワケで今回はロードバイクの防寒対策について。

Rockmanの冬装備を例に挙げ、簡単に解説していきたいと思います。

( ゚∀゚).。oO(外気温5℃以上ならRockmanの服装でOK!)

スポンサーリンク

ロードバイクの冬服は速乾・防風・発熱の3ポイントが重要

  1. 速乾性
  2. 防風性
  3. 保温性

ロードバイクの冬用ウェアでおさせておくポイントは上記の3点。

この3ポイントを兼ね備えたウェアがウィンターシーズンを乗り切るキーポイントになります。

特に重要なのが、「1」と「2」の特性。

「3」はなくても耐えられますが、「速乾性」と「防風性」の特性は絶対に欠かせません!

速乾性のインナーが必用な理由

201511070715

みんな大好きユニクロのヒートテック。

Rockmanも日常的に愛用しており、今まで何枚買ったか分かりません。

「寒い時はヒートテックだよね♪」

こんなノリで、ゆるポタでも着ている方は少なくないはず・・・。

確かにヒートテックは発熱素材で温かい!

でも致命的な欠点があります。

それは・・・

汗をかくと、とても乾きにくいところ!

ヒートテックは、再生繊維の「レーヨン」が3割以上使われています。
(しまむらのファイバーヒートは4割!)

このレーヨン・・・。

一般的に肌触り良く感じる特性がありますが、逆に吸湿性が良くて乾きにくいという特性も併せ持っています。

後者の特性(欠点)はスポーツウェアとして致命的!

どんなに寒くてもロードバイクで一定時間走れば、誰しもじんわり汗をかくはずです。
寒い時期の「汗」はとても厄介なもので、どんどん体温を奪って行きます。

特に信号待ちの時間は耐え難いほどの寒さを感じることも珍しくありません。

風邪の予防という観点からも、スポーツのシーンでは速乾ウエアを着用しない理由は皆無なのであります。

( ゚∀゚).。oO(インナー(肌着)はスポーツ用の速乾ウェアがベスト!)

Rockmanの冬用ロードウェア

201511070707

  • フェイスマスク(目出し帽)
  • アンダーアーマーのコールドギア
    (冬用コンプレッションウェア)
  • 長袖のサイクルジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • 冬用サイクリングパンツ
  • 防風グローブ
  • シューズカバー

Rockmanは基本的に上の装備で冬を乗り切っています。

( ゚∀゚).。oO(外気温5℃までなら、これでOK!)

201511070759

顔の部分で最も寒さを感じるのは耳と首。

耳あてとフリース素材のネックウォーマーで防寒対策をしている方をよく見かけますが、一体型の「目出し帽」が使い勝手良くおすすめ。

写真で身に着けている目出し帽は、技術職御用達のお店で安く購入したモノ。

やる気わくわくワークマンでお馴染みのメーカー、「寅壱」のアイテムでございます。

この商品は激安!
数年前に千円以下の処分価格で購入したものです(笑)

安価なのに何年使っても破れない耐久性は凄い!

寅壱、マジ半端ねぇwww」とRockmanが絶賛する防寒アイテムです!

( ゚∀゚).。oO(詳しくは下のエントリーで書いたよ)

胴体

201511070822

  • アンダーアーマー コールドギア
    (状況により速乾Tシャツを重ね着)
  • パールイズミ 長袖ジャージ
  • ルコック サイクル用ウインドブレーカー

写真ではウィンドブレーカーを着ているので、当然中身は見えませんね(笑)

アウターの下は春秋用の長袖ジャージ。
ベースレイヤー(肌着)はアンダーアーマーのコンプレッションウェアを着ています。

アンダーアーマー

(アンダーアーマー)UNDER ARMOUR UA COLDGEAR ARMOUR LSモック MCM1297 001 BLK LG

上半身3アイテムの中で最も重要なのが、肌に直接触れる速乾素材のインナーウェア。

Rockmanはアンダーアーマーのコンプレッションウェアをこよなく愛しているので、冬は「コールドギア」と呼ばれる商品を使っています。

この製品の特徴は、何と言っても「速乾性」と「温かさ」!

じこまん 」でお馴染みの作者、玉井先生も愛用している製品でございます。

今さらアンダーアーマーの良さを語ってもクドイので、詳しい説明は省略します。

( ゚∀゚).。oO(アマゾンのカスタマーレビューの高評価が何よりの証拠!)

 

追記

アンダーアーマー高いよ!という方には、おたふく手袋のインナーウェアをおすすめします。

アンダーアーマーよりも少々性能は劣りますが、信じられないほどコスパの高いアイテムですゼ!

参考
防寒対策におすすめ!ロード乗りが買うべきおたふく手袋の防風インナー

パールイズミ長袖ジャージ

(パールイズミ)PEARL IZUMI 3120BL 長袖サイクルジャージ ハザードジャージ [メンズ] 3120BL 14 グレー L

Rockmanが使用している長袖ジャージの後継版。

防風素材や発熱素材は使われていない、オールシーズン対応のジャージです。

春・秋は、そのままサイクルジャージとして使用。

冬はウインドブレーカーのインナーとして用いると汎用性が高いのでおすすめの使い方です。

( ゚∀゚).。oO(寒さに弱い方は防風素材を用いた「パールイズミ ウィンドブレークジャケット」の方が良いよ)

ウインドブレーカー

201511121158

ウインドブレーカーはアウトドア用品を使っている方も多いと思いますが、基本的に自転車用のモノがおすすめ。

ジッパー付きのバックポケット。

背中が出ないカッティングなど、自転車用品ならではの工夫が地味にありがたく思うはずです。

ウインドブレーカーは走り始めや休憩時など、身体が温まっていない時に重宝する防風アイテム。

身体が温まってきたらコンパクトにたたんでジャージのバックポケットにしまっておけます。

かさばらないこのアイテムは、自転車乗りなら一着は持っておきたいアイテムです。

( ゚∀゚).。oO(冬のダウンヒル(峠の下り)ではウインドブレーカーを着るべし)

下半身

(ジャガード)JAGGAD サイクリングパンツ F0104 ブラック L

コスパ高いジャガードの防寒パンツ。

パットが少々ごわついて伸縮性に乏しいのが玉にキズですが、温かいのは間違いありません。
パールイズミの1/4の価格と割り切れば、かなり使えます(笑)

このサイクルパンツは安価で温かいアイテム。
しかし、ちょっと色落ちしやすいところがウィークポイントです。

オレの場合、着用前にしっかり洗いましたが、サドルに若干色移りしてしまいました。

しかし、心配ご無用!

色移りは、レザリアンで大体キレイに落ちます。

自転車サドルの汚れが気になる方は、ぜひレザークリーナーをお試しください。

 

( ゚∀゚).。oO(冬用のサイクルパンツに1万円以上使える方は「パールイズミ」の製品を買っておけば間違いなし!ジャガードは4千円ていどなら買い)

201511071029

Rockman愛用の「ボントレガー ウィンドシェルグローブ」は、すでに絶版品!
薄手なのに防風性が高いこのサイクルグローブは、おすすめできる商品です。

しかし、売ってないんだからしょうがない(笑)

冬用サイクルグローブを選ぶポイントを説明するので、自分に合ったアイテムを見つけてください。

◇冬用グローブを選ぶポイント◇

  1. 操作性重視
    (防風性が高い薄手のモノ推奨)
  2. 気温が低い時はインナーグローブで対応

冬用だからといって、ゴワゴワした厚手のグローブは失敗のもと。

前後ブレーキの微妙な操作。
ギアのチェンジなど、手は繊細な操作を必要とします。

なるべく感覚がダイレクトに伝わる薄手かつ防風性が高いアイテムを選んだ方が良いと思います。

「薄いと指先が辛いよ!」

そんな方には、パールイズミのインナーグローブ。

グローブを重ねることで、保温性を向上させることができます!

ぜひ、お試しください。

( ゚∀゚).。oO(オートバイに乗っていた時もインナーグローブで調整していたよ)

201510311700

足の部分は、フットマックスのシューズカバー。
こちらは先日書いたエントリーがあるので、参照してください。

(; ゚∀゚).。oO(Facebookでかなり拡散してて、ちょっと驚き)

まとめ

  1. 速乾性
  2. 防風性
  3. 発熱素材

上記3点は、冬用ウェアに求められる特性。

温かいからといって「ヒートテック」や「ダウンジャケット」を着てしまうと、汗が乾かず大変なことになります。

白バイ隊員のように、なるべく薄手のアイテムを重ね着!

「空気の層」を多層に閉じ込める工夫がロード乗りにも必要です。

ひと通り防寒対策を書いてみましたが、各自工夫して冬のロードバイクを楽しんで下さい。

( ゚∀゚).。oO(寒いとタイヤのグリップ能力も低下するから無理は禁物!)

 

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す