【防寒テムレスどう?】ロードバイクの冬グローブとして見た良い点と悪い点の感想

ロードバイク

今年は暖冬と言われていますが、寒いものは寒い!ロードバイクで遊ぶのも、なかなかしんどい時期になってきました。

冬の自転車遊びは服装がけっこう難しくて、もこもこに厚着すれば良いというものでもありません。

走る場所やお天気の具合など、シチュエーションに合わせた着こなしが求められます。

( ゚∀゚).。oO(冬になると最も読まれるエントリーがこれじゃ!)

ロードバイクの冬ウェア!東北在住のオレが防寒対策を紹介する件
冬のシーズンがはじまり、朝晩はめっきり寒くなってきました。 ロードに乗って朝練するゼ! 気合を入れてお布団から出るものの、あまりの寒さに断念する心の弱いRockmanでございます(笑) ( ˘ω˘;).。oO(トイレに行っ...

 

理想はラファおじさんのように頭のてんぺんからつま先まで高級品でトータルコーディネート♪しかしながら、お小遣い2万円クラブの人間にそれは厳しいのでございます(笑)

そんな節約派にうれしいのがワークウエア。ワークマンやホームセンターなどで売られている安価な作業用品を上手く活用して、レッツ節約ライドです。

というわけで、今回のブログネタはこれッ!

テレレレッテレー♪

ショーワグローブの防寒テムレス

一昨年あたりから一部界隈で話題となっていたこの商品。鬼のように距離を重ねるブルベマンや、ウインタースポーツを嗜むおじさん達から支持されている冬用の作業グローブでございます。

Rockmanが実際にロードバイクで試してみた感想としては…

特定のコンディションで走る場合には間違いなく使う!

でも、天気のいい日に気持ちよく走りたい場合は自転車専用品を選びたいなぁ…という結論になりました。

冬用グローブとしてテムレスに興味がある方は、ぜひ本エントリーを参考にしてみてください。

( ゚∀゚).。oO(コスパは間違いなくめちゃくちゃ良い!)

スポンサーリンク

防寒テムレスの使用感はどう?雨や雪のコンディションで走るならロードバイクのお供として最高

スクリーンショット 2018-12-16 7.31.51

  1. 寒くてもやわらかい
  2. 作業性にすぐれている
  3. 裏起毛で保温性が高い
  4. 透湿防水素材を採用
  5. 高いスベリ止め効果あり

ショーワグローブさんのウェブサイトから防寒テムレスの特徴を箇条書きにしてみると、こんな感じになります。

防寒テムレス | SHOWA
ショーワグローブ株式会社のウェブサイトです。ショーワグローブでは家庭用から業務用に至るあらゆるシーンで活躍する2000種類にのぼる手袋をご用意しています。

 

実売価格は1,200円〜1,400円ていど。冬用の作業グローブとして考えると、ワークマンで売っているネオプレーン防水手袋よりも使用感が好みでした。

Rockmanの中では今シーズンの雪かきアイテムとして、防寒テムレスはヘビーローテーションが決定しています♪

では、ロードバイクで使ったらどうか?と問われると…

201712141930

低温かつウエットコンディション(雨や雪)で走る場合には間違いなく使う!

ただ、寒くてもそれほど過酷な状況にならない限りは、一般的な自転車用のウインターグローブを愛用したいと思いました。

防寒テムレスをロードバイクで使ってみた

IMG_9119

スタイリッシュ?なにそれ美味しいの??と言わんばかりの質実剛健なルックスがすごい!

逆にいさぎよくて好ましいとすら思えます(笑)

良いポイント

max16011524-2_TP_V

  • 安価な値段
  • 防風性・防水性が高い
  • そこそこあたたかい
  • グリップ感がとても良い(すべらない)
  • 視認性が良い(青に限る)
テムレスグローブは安い

IMG_9065
/ -60℃までやわらかい \

このグローブの最大のメリットは、なんといってもその安さでしょう。

ホームセンターだと1,300円台。ネット通販だと1,200円台から購入できます。

なんのためらいもなく買い替えられる値段なのは最高ですね♪

( ゚∀゚).。oO(安いワークウエア大好き~♪)

防風性と防水性が高く透湿性を備えている

IMG_9088

ごらんの通り防寒テムレスの見た目は、まんまゴム手袋といった様相(笑)

当然、風も通さなければ水も通しません。ウエットコンディションではとても頼りになります!

スクリーンショット 2018-12-16 7.30.53

しかも、防寒テムレスには透湿性の素材が採用されいるのが非常にGood♪

湿気が内側にたまりにくいという点は、大きなプラスポイントになるでしょう。

( ゚∀゚).。oO(Badポイントでも書くけれど素手だと蒸れる場合があるよ!対策としてインナーグローブがおすすめ)

そこそこあたたかい

IMG_9073

パールイズミの サイクル インナーグローブを併用して、気温2℃という環境で使ってみました。

つけ始めは裏起毛のモジャモジャが空気の層を作ってくれるおかげで、あたたかさを感じます♪

ガッ!

走っていると、だんだん指先に冷たさを感じるようになりました。

とはいっても、末端部分が麻痺するとか千切れるような感覚ではありません。余裕で耐えられるレベルです(笑)

もし、少しの冷たさもガマンならん!という場合には、インナーグローブに小さ目のホッカイロを貼りつけておくと解決するでしょうね♪

(; ゚∀゚).。oO(気温5℃以下だと転倒のリスクが増えるから、注意して乗ってね)

グリップ感が素晴らしい

IMG_9098

防寒テムレスの指先はこのようにぶつぶつの形状をしています。

ハッキリ言って、見た目はクトゥルフに出てくる神話生物の触手のようで非常にきもいwww

じゃけんど、このキモイ形が功を奏してグリップ性能がとても素晴らしいのです!

IMG_9090

下ハンやブラケットを握っていても、すべるような不安感は全くありません。

これ、ドロップハンドルの握る位置をちょくちょく変えるロードバイクではかなりのメリットになります。

視認性が良い

IMG_9121

防寒テムレスといえば、この真っ青な色www

ザ・ゴム手と言わんばかりの個性的な色だからこそ視認性がよく、手信号が分かりやすいメリットがあります。

黒色のグローブは確かに無難です。

しかし、あえて目立つ色で手元を際立たせて、安全性を向上させる作戦は大いに有りだと思います。ダサいけどwww

微妙なポイント

201605131339

  • 見た目
  • 繊細な指先の操作
  • 汗や鼻水を拭いずらい
  • 素手だと蒸れる(インナーグローブ必須)
見た目がくそダサい

IMG_9119

防寒テムレスの最大の欠点として、見た目のイケてなさを挙げる方は少なくありません。

というか、非常に多いですwww

この点はもう諦めて、割り切るしかありません(笑)

 

追記

Lサイズの防寒テムレスがちょっと大きかったので、黒のMサイズを買ってみました。

使いはじめはきつく感じられましたが、乗っているとそれほど気になりません。

むしろぶかぶかのLサイズよりタイトなMサイズの方が使いやすいです。

ロードバイクで使うなら圧倒的にフィットしている方をおすすめします。

(; ゚∀゚).。oO(テムレスブラックは流通量すくなめでプレミアム価格になっているところも少なくないよ。Amazonの価格はドン引きするわ…)

指先の繊細な動きは難しい

IMG_9118
/ 手首のあたりがぶかぶかじゃw \

風の抵抗をおさえるため、操作性を良くするため、ロードバイクのアパレルは総じて体にフィットするように作られています。

それはグローブも例外ではありません。

防寒テムレスはスポーツ用品としてではなく、あくまで作業用手袋として企画された商品。全体的にゆったりとしたつけ心地のルーズフィット仕様です。

これは作業する時にはメリットになりますが、ロードバイクではマイナスポイント。

IMG_9090

丸っこい指先の形状と余裕のある装着感。これでは繊細操作が苦手といわざるを得ません。

もともとインナーグローブを併用するつもりでLサイズを買ったのですが、甲の部分も指もかなり余裕があります。

IMG_9097のコピー

グローブの素材も冬用ということで少々厚め。

前後ブレーキの細やかな調節やシフト操作など、車体からフィートバックが欲しい時にグローブから伝わってくる感覚がどうしても薄れます。

これでは、ロードバイク特有のシャキッ!とした気持ちのいい操作感がどうしても得られにくい…。この点がロード乗りとして、大きなマイナスポイントに感じました。



ちなみに、手首のゆるさはボタンを取りつけて対処している方がいます。このカスタマイズは大いに参考になりますね♪

汗や鼻水を拭いずらい

IMG_9069

冬とはいえ、動いていると頬に汗がたれてくることはしょっちゅう。鼻水もズルズル出てきます。

そんな時はグローブで拭ってしまうものですが、防寒テムレスはこの通りブツブツつきの表面素材。

拭った感触の気持ち悪いこと…気持ち悪いこと(笑)

あまりにも気持ち悪いのでジャージの腕の部分で拭いたくなるのですが、ウインドブレーカーを着用しているとこれまた気持ち悪くてどうしようもありません。

あふれ出る自分の体液をどう処理するか…。防寒テムレスを身につける上で非常に悩ましいポイントでございますwww

素手でつかうと手汗で冷える

IMG_9073

テムレスという商品名のとおり、透湿素材を用いることで蒸れにくい特徴があるこのグローブ。

しかしながら、素手のまま使うと冷えてきます。なぜなら、この裏起毛に手汗が付着して乾かないから!

この点を解決する策はインナーグローブを併用すること。

IMG_9101

スポーツ用のインナーグローブを用いることで裏起毛がしっとり濡れることはありません。

衛生面から考えてもこれはメリットが大きいです。

もし防寒テムレスを使う場合は、インナーグローブも一緒に検討してみてください。

Rockmanは防寒テムレスをこう使う

IMG_9089

  • 雪かきやゴミ捨てなど、冬の屋外作業用として
  • 通勤通学用の自転車手袋として
  • Bad コンデションでもロードバイクで走らなければならない時に

防寒テムレスはコスパに優れた素晴らしい商品です。

しかしながら、ロードバイク特有のダイレクトな操作感を楽しむ上ではちょっと不適格。

ビシッ!と決まるシフトやブレーキングの感触を得づらいと感じました。(冬用グローブだから仕方ないけど)

そんなわけで、コンディション良好の短時間ライドでは防寒テムレスは使いません。

こいつは冬の屋外作業。そして、通勤通学用の防寒手袋としての役割をメインとしつつ、Bad コンデションでもガンガン走らなければならない時に活躍してもらいます。

まぁ…今年は体調不良がドドーンと来て、Rapha Festive 500などの長距離走破イベントに参加できないから活躍する機会はないと思われますがねw

(; ゚∀゚).。oO(まだ体力が回復しとらんから、500kmなんて距離は走れんのじゃ…)

まとめ

IMG_9065

指先でちょこちょこやる細かい作業ではイマイチですが、大雑把な動きでは非常に使い勝手の良い防寒テムレスグローブ。

メインはあくまで屋外作業用で…。自転車では、悪コンディションの対策品として用いるのが良いかと思われます。

この手袋は値段がめちゃくちゃ安いです(笑)

迷っている方は試しに1つ買ってみれば良いんじゃな〜い♪と背中を押したくなるRockmanでした。

(; ゚∀゚).。oO(見慣れると逆にかっこよく見えてきたw)

スポンサーリンク
ロードバイク
スポンサーリンク
Rockmanをフォローする
スポンサーリンク
X-body

コメント

  1. すりーえいす より:

    こちらのブログをみて私も防寒テムレスのブラックを購入しました。
    テムレスブラックですが、ワイルドワン(サイズLのみ)とイトヨーのゼビオ(Mから2L、2138円税込)に在庫あるみたいです。
    ゼビオの方は12月30日に各10組程度、入荷したみたいですが、今後の入荷は未定だそうです。

    • Rockman Rockman より:

      >すりーえいす 様
      おぉぉぉ!テムレスブラックの情報、ありがとうございます♪
      ゼビオの商品券が残っているので、在庫があったら買ってみます!(^^)